京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
映画「ザ・カップ」~その昔、それが同様に遠く憧れだったはずの国の者の観方
ザ・カップ~夢のアンテナ~ ザ・カップ~夢のアンテナ~
ウゲン・トップゲン (2001/09/29)
キングレコード
この商品の詳細を見る

今代表の練習試合、マルタ戦のハーフタイムです。
京都の補強の発表はもう少しかな。じゃもう一本。


僧 「いつもこの時期は(修行僧の)修行が身に入らなくてこまります」
高僧「それはどういったものなのか?」
僧 「4年に一回、二つの国がボールを取り合って戦争をするのです」
高僧「それには暴力はあるのか」
僧 「一部ございます」
高僧「セックスは?」
僧 「皆無です」
高僧「うーむ。それでその戦争の勝者は何を得るのか?」
僧 「(手でお椀のような形を作って)カップ(杯)です」
高僧「カップ…カップ??」

高僧「ところでそなたは、何故それほど知ってる」
僧 「…(にやり)」←つまりこの人もW杯が大好き(笑)



前々回の「リトルストライカー」が英国クラブサッカー文化の中に生活をする少年の話、
前回の「勝利への脱出」はアメリカが作った男達の団結と小気味いい戦いの話、
そしてこれは…

W杯は真夜中、遠い異国の地で行われる天上の世界のお祭り。
遠い遠いはるか彼方での、華やかな常人離れしたスターたちを見たい。
そんなW杯から遠い遠い、辺境の地域でのお話。
たぶん日本のファンにとってもそんな時代があったはず。
(もちろん、彼らと境遇は雲泥の差ですが。。)

本物の有名な現地の高僧がメガホンをとって作った、初のブータン製長編映画。
彼はベルトリッチ監督の「リトルブッダ」にもアドバイザーとして参加しています。
役者の本物の僧で、ロケも寺。
98年フランスW杯の懐かしい映像が見られます。
もちろん彼らの見たまま、ボロボロの古いテレビの汚い映像を通して(笑)。

映画としての作りは、少し間の取り方等編集に難がありますが、
少年僧たちのアホっぽいまでのサッカーファンぶりに乗せられて最後まで見てしまう。

本当は、故郷チベットへの想い、中国への政治的な批判、
そして仏教の教えも根底にある映画なんですが。
(その意味で”ブータン映画”というより”チベット亡命者映画”なんですけどね)

昔の我々も近かったはず。
まだ当事者でなく。純粋な憧れとか、お祭りの興奮とか。

最後のクレジット。
「主人公の彼は今、チベットナショナルチームを夢みている」
たぶんテーマの一つはそこだったんだと思います。

北インド、俗世から隔離されているはずの仏教寺院。
なのにW杯をテレビでみたくてたまらない少年僧たちの物語。
すべて実話です。



おっ、マルタ戦後半戦始まった。そんじゃ…
スポンサーサイト
【2006/06/04 23:08】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<スケッチ更新(第7節~11節) | ホーム | 映画「勝利への脱出」~元敗戦国民としての観方(?)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
09 « 2017 / 10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。