京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
10節C大阪戦とか、パープル抜き騒動とか、
ちょっとお疲れ気味で更新溜まってます。。

<ナビスコ杯川崎戦@テレビ >

 3バックらしかったですが、気がつかなかった。
 その程度のなんちゃって「3バック」。うち2人は相手FWのマンマーク。
 三上がなんちゃって左SH(ほとんど守備ってました)
 (柱兄さんも、サテメンバーでベストメンバーの天敵に勝つ為に一応工夫はしてた)
 前半は大久保と登尾が完全に相手の前線を押えていました。石井も中盤を。
 後半は…まあいいや。大剛が果敢に攻めてましたが、巻っ切れてた…。
 中山博貴のトップ下起用ということでしたが、
 彼のウィークポイント、守備力の向上に目を見張りました。彼もあと少し。

<第10節セレッソ大阪戦@テレビ 2-2引き分け>

 勝ってれば、スケッチの方に即保存間違いなし、の試合だったんですが。
 こちらでネタ書くと、あちらにいつか記録するときに、
 書くことなくなるんで控えます。
 手島の馬鹿に高い絶妙にコントロールされたDFラインとともに、
 私の(みんなの)京都サンガが帰ってきたって感じ。べた引きの今までとは違う。
 はやくも登尾とのよいコンビが見れて良かったです。

 でも、勝つにはあと一皮必要なのかなあ。面白い試合になってきたのに。
 勝利はほんと目の前なのに…
 ラストパスの精度を上げる、マークの受け渡しのミスをなくす。後半開始直後の集中。

 手島復帰で、今後攻撃の時間は確実に増えそう。
 このレース、間に合えばいいけど…。


<京都パープルサンガ改め、京都サンガに>

 まだ京都系ブログを見てないですが、他サポさんからみると容認6反対4らしいです。
 個人的な好みとして「パープル抜き」賛成です。
 今までも意識的に「パープル」を抜かして「京都サンガ」を使っていたので。

 パープルにはその元となる「紫の光」の詩的な語感もイメージも…
 そのまま色を直訳しただけで。
 (友達からも”なんでパープルを使う?”と言われたことも。変だって。)
 名前をつける時、言葉の響きまで考えてのことだったのかなあ、
 と疑問にも思います(それでも付けた方の思いはあったのでしょうが)。
 紫魂、というその気持ちはもちろん心に残して。

 フィオレンティーナだって名に「紫」はなくても、心は紫(ヴィエラ)だしね。
(でも、このあたりは全く個人的な好みの問題なので、反対があっても当然ですよね)

 ただ、サポに何らか形式的な「お伺い」をたてなかったプロセスはまずったかな、と。
 京都のフロントの方々は、他クラブと比べ、先代から積極的に
 サポにも選手にもコミュニケーションとられるなあ、と思ってたのに。
 コアサポでない一見さんにでも。←ここ重要 
 だからこそ、なんで間違ったのかな、とも。残念。
 


 で、ふと思ったけど、クラブ名もアニメの巨大ロボットの名も、
 濁音多いんですよね。
 濁音だと強くてかっこよく聞こえますか?
 …ん、なんかそんな気もする(笑)。小さな男の子の発想みたいだけど(笑)。
スポンサーサイト
【2006/05/02 23:20】 試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<第11節新潟戦 | ホーム | 何、この補強~?(お帰り!)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
03 « 2017 / 04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。