京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
浦和戦とか
愚痴を言う相手もそんなにいなく…。書き殴り。

実は変な試合でした。
前半、あそこまで京都のプランにはまったチームも珍しい。
なぜ簡単にパスカットさせてくれる?
京都が速攻で綺麗な形を作れる??
浦和選手のコメントを読んでも…謎。
(浦和側が悪い試合だった、というのは特にこの辺の事なのかなあ)

J2で下位のチームが、京都よりポゼッションが下なのに、
勝ち誇るコメントをして、こちらも負けた気分がした、あれです。
それを今年は京都ができるかな、という感じだったのですが。。

しかし、浦和は多少ともJ2時代の京都にイメージ被るわ。。
基本カウンターだけど、CBの攻撃参加っぷりとか(笑)。
しかし、啓太とか見てると、やっぱりうちの選手のレベルが…


しかし後半…
なぜに「後半の京都」の運動量が落ちる?ナビ杯の移動の疲れ?
米田のいう「チャレンジ」とは、プレスを相手にかけることを放棄ってことを
意味した…のかな。
あと、前半ワシントンをほぼ完璧にマークしていた登尾ですが、後半は鷲田にまかせて、
名実ともに「リカルドの代役」として、やたら上がっていました(笑)
(まあ全体として新人としては悪くなかったんじゃないかなあ。甘い?)


今までの後半戦の中では、ナビ杯移動の疲労もあっただろうけど、今季一番酷い試合。
今回に限っては、ハーフタイム一体どんな指示があったのか、不思議。。

まあ正直、上位と中位下位のレベルの差が今のところあるから、
上位から勝ち点をとるのはプラスα程度に思ってもいいんですが。
でも、このプラスαも取る気構えがないと、苦しくなりませんか。
(ライバルチームも同じこと思ってるだろうからね…)

浦和3-0京都


今日はトークショーがあったみたいですが、
登尾はどうだったのでしょうか。
鹿児島での彼は真面目で朴訥な感じでした。
中学から桜島にサッカー留学していたようですが、彼の故郷は薩摩半島側の北部の島。
同じ県出身でも中山君のような市街住宅地育ちとは違う感じがしました。

スポンサーサイト
【2006/04/16 22:33】 試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<鹿島戦(あの選手で少し) | ホーム | 名古屋戦とか>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
09 « 2017 / 10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。