京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
監督交代とサンガ(レキシとミライ)
中山博貴の久々のスタメンに驚いて、
前半、無意味にグチャグチャ走りたくっているだけの彼を見て、
得点するまでは「今季一杯で首かも…」と嘆いてたけど。
どうにかこうにか。。良かった。

ほんと、ストレスフリーな週末は素晴らしい。

J's goalのQさんのコメント

実は…サンガの今までの監督交代劇とその後を思い返してしまいました。

サンガは監督交代で成功した試しはない、と言う人は多いでしょうが、早めに切ってた時期は短期的には「それなりに」成功してた。解任後を引き継いだ監督は、自分の「監督としての理想」を捨てて、前の監督が残した選手の適正で切り張りするようにヤリクリしてシーズン前半より良い成績を収めてませんでしたか。今の加藤Qさんの予感と同じように。

問題はいつもその翌年。やっと最初のチーム作りから任された監督らは「監督としての理想」のサッカーの為に新しい選手を集めて、キャンプをしてシーズンを始めて…すると哀しいことに例外なくコケてしまってた。(この方式で成功したのはサンガの歴史上多分2005年J2柱谷だけ)。多分J初年度からこうじゃないですか。

で、ギリギリまで(解任を)我慢、を覚えたのが最近のサンガなんですが(昔の清水監督の切られ方から思うと随分我慢するようになった)、なんか結局もっと状態悪くなってる。今後新しくチームを任される人は下手に理想なんて追わず、多くの後発チームがしたように、しばらくは現実路線でいいんじゃないかな。川崎とかは例外と思う。

…な~んて過去を振り返ったりして。私はそんなに古いサポではないんですが(まだ10年)。
来年、京都がどのリーグにいるか知りませんが。今年から来年、Qから誰かさんはどんな感じで引き継ぐのか気になります。もう交代は決まっているのだから。

と、勝った次の日ぐらいは悠長に来年のことに想いを馳せてもいいよね。今日ぐらいまでは。



スポンサーサイト
【2007/10/22 23:30】 試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<SKETCH更新(第45節~49節凄い少年の記憶) | ホーム | SKETCH更新(C大阪戦)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
08 « 2017 / 09 » 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。