京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
キャンプが終わって
キャンプ疲れで、なんか地元にいながら旅から帰ってきたような感じです。
チームも私と同様、軽い虚脱感があるんじゃないでしょうか。
…そんなはずないか、というかそれでは困りますね(笑)

ヴェルディもサンガもJ1メインで練習試合をこなしていた事に、
何考えてるんだ、と突っ込みたくはなるんですが。

清水公式HPを読むと、やはり後半の清水はテスト的な意味合いが大きかったようです。
一方、京都は結果を求めて勝ちにいきました。
という事は…。一応「求めた通りの結果」を喜ぶべきですが、
まぁ勝敗はあまりチームの成熟度のものさしの参考にはならなそうです。

TMでチームの熟成度なんてわからない事を、去年嫌という程判ったので、
キャンプ中は「今年のチームが何を目指しているか」程度がわかればいいか、
って思うことにしました。

柱谷4バックが、綺麗にサイドに振って丁寧にクロスを入れて。そんなに動かなくても数的優位は場面場面で作っていって、その分全員守備に体力回してね、という、クラシックというか重厚な感じだったのに、
美濃部4バックは、まず声を出す(笑)。で、SB分人数薄くなった中の選手が四方八方走り回って、前も中もSBもどんどん互いに前を追い越して短中のボールを出していく感じ、その分スポスポ空いちゃうスペースは、ボールを操りながらボランチ2人がマメに埋めて奔走…という事がうまくいけば見れるはず。(うまくいかなきゃ…J2の堅い守りを崩せなくて、相手DFの前で横パスばかりのサンガが目に。いや、悲観的になってはいけないか)
※追記:成功すれば、前よりずっと躍動感のある面白いサッカーになる、という意味です

と思うと、星や大志は完治してもタイプ的にスタメンは難しいのかな。

最後に。
大剛の副キャプテンに選ばれたのは驚きましたが、
キャンプ中も控え組の中ではキャプテンマークを巻いていましたよ。
若手の中でのリーダーとしての期待の現われですね。
秋田は…もう彼には何も肩書きはいらないってことですね。さすが。
スポンサーサイト
【2007/02/19 23:47】 話題 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
01 « 2007 / 02 » 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。