京都サンガF.C.の話題とサイト(SKETCH)の更新情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
映画「ザ・カップ」~その昔、それが同様に遠く憧れだったはずの国の者の観方
ザ・カップ~夢のアンテナ~ ザ・カップ~夢のアンテナ~
ウゲン・トップゲン (2001/09/29)
キングレコード
この商品の詳細を見る

今代表の練習試合、マルタ戦のハーフタイムです。
京都の補強の発表はもう少しかな。じゃもう一本。


僧 「いつもこの時期は(修行僧の)修行が身に入らなくてこまります」
高僧「それはどういったものなのか?」
僧 「4年に一回、二つの国がボールを取り合って戦争をするのです」
高僧「それには暴力はあるのか」
僧 「一部ございます」
高僧「セックスは?」
僧 「皆無です」
高僧「うーむ。それでその戦争の勝者は何を得るのか?」
僧 「(手でお椀のような形を作って)カップ(杯)です」
高僧「カップ…カップ??」

高僧「ところでそなたは、何故それほど知ってる」
僧 「…(にやり)」←つまりこの人もW杯が大好き(笑)



前々回の「リトルストライカー」が英国クラブサッカー文化の中に生活をする少年の話、
前回の「勝利への脱出」はアメリカが作った男達の団結と小気味いい戦いの話、
そしてこれは…

W杯は真夜中、遠い異国の地で行われる天上の世界のお祭り。
遠い遠いはるか彼方での、華やかな常人離れしたスターたちを見たい。
そんなW杯から遠い遠い、辺境の地域でのお話。
たぶん日本のファンにとってもそんな時代があったはず。
(もちろん、彼らと境遇は雲泥の差ですが。。)

本物の有名な現地の高僧がメガホンをとって作った、初のブータン製長編映画。
彼はベルトリッチ監督の「リトルブッダ」にもアドバイザーとして参加しています。
役者の本物の僧で、ロケも寺。
98年フランスW杯の懐かしい映像が見られます。
もちろん彼らの見たまま、ボロボロの古いテレビの汚い映像を通して(笑)。

映画としての作りは、少し間の取り方等編集に難がありますが、
少年僧たちのアホっぽいまでのサッカーファンぶりに乗せられて最後まで見てしまう。

本当は、故郷チベットへの想い、中国への政治的な批判、
そして仏教の教えも根底にある映画なんですが。
(その意味で”ブータン映画”というより”チベット亡命者映画”なんですけどね)

昔の我々も近かったはず。
まだ当事者でなく。純粋な憧れとか、お祭りの興奮とか。

最後のクレジット。
「主人公の彼は今、チベットナショナルチームを夢みている」
たぶんテーマの一つはそこだったんだと思います。

北インド、俗世から隔離されているはずの仏教寺院。
なのにW杯をテレビでみたくてたまらない少年僧たちの物語。
すべて実話です。



おっ、マルタ戦後半戦始まった。そんじゃ…
スポンサーサイト
【2006/06/04 23:08】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
映画「勝利への脱出」~元敗戦国民としての観方(?)
勝利への脱出 勝利への脱出
シルベスター・スタローン (2005/08/05)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


W杯観戦用の大型テレビが到着しました。接続しなきゃ。

サッカーを大型画面で見る喜びといえば、
このペレのバイシクルシュート、
当時劇場の大スクリーン一杯に見れた幸運な一人です。
(小さかったので筋なんて覚えてなかったですが。。その後の興奮は覚えてます。
サッカーなんて女の子の砂場を荒らすスポーツの印象だったのに)
その強烈なインパクトは、今も心に残ってます。

前日のイギリス映画「リトルストライカー」の日常の美しさと違い、
こちらは戦時中の捕虜収容所という
非日常での、しかもサッカー不毛のアメリカ、ハリウッド映画。
(もちろんハリウッドでも、野球だと「フィールド オブ ドリームス」のように、
地域スポーツ文化に根ざしたしっとりした映画もあります)

監督はアメリカ的な男臭い娯楽映画の名人、ジョン・ヒューストン。
「マルタの鷹」や「女と男の名誉」を撮った人です。
ドライで粋な男達、仲間、勧善懲悪、民衆の力の勝利…
サッカーとアメリカハリウッドが組み合わされるとこうなるんだなあ(笑)。
国籍、民族を超えた仲間を演出するには、
サッカーを使うよりなかったんでしょう。

筋はとにかく痛快。

去年、久しぶりにまたこれをテレビで観る機会があったんですが、
(多少今より技術が劣っていること、試合の流れの演出もイマイチなんですが)
今もなお、ドイツ兵チームのファールまがいのタックルを、
凄まじくドリブルで突破するペレは、魅力的でした。
各国の連合国軍の捕虜たちは、世界のサッカー代表、元代表が演じています。
(中には見たような名前も)

とにかく、イラン人捕虜たちと交流するために無理やりアメフトをやらせる、
現代のアメリカ人には別の意味でみて欲しい(笑)。

そして、次このような企画モノをするなら、
是非、この映画のように連合国軍vsドイツだけでなく、
日本イタリア、スペインを加えた、同盟国で見てみたい。
その戦いなら戦えなくはないんじゃない?我が軍は(日本が足を引っ張るか…)
【2006/06/04 01:03】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
映画「リトルストライカー」~サンガサポ的観方
リトル・ストライカー リトル・ストライカー
ルイス・マッケンジー (2002/05/03)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


最近私のブログでマイショップなる機能がつき、アフェリエイトが簡単にできるようになりました。「じゃあ、私もサッカー映画ぐらい書いてみようかな」ということで。(まあ映画なんてサッカーファンがいつも見ていること、感じていることを追体験しながら、ニヤニヤして見る程度のものなんですけどね)。

有名な「リトルストライカー」。私の感想はアマゾンの皆さんの感想とは少し違います。いやあ、皆わかってないですよ。特にこの映画は華やかな海外サッカーファンや全国区チームのサポーターより、「地域にクラブを持つ、それもどこか地味めのクラブサポーター」に観てもらいたいもの。そんな映画。


☆内容(ネタバレ無し)

少年は学校でよくいじめられる。
その理由の一つは、マンチェスター・シティのサポーターだから(いじめっ子はマンチェスター・ユナイテッドのサポ)。
少年は母親の元恋人が好き。
なぜならその人は同じマンチェスター・シティのサポーターだから。
そして、実は少年には秘密があった。それは彼の素晴らしいサッカーの素質。
ただしその上がり症の為、人前で披露することができないでいた。

一つの出来事をきっかけに、
彼をとりまく人々、地域。見過ごしていたマンCに少しづつ出会う。
身近にいた元選手のこと、サポーター、クラブと繋がり行き過ぎた人々。
マンCと少年。過去、現在、未来がつながる。

少年は勝ち続けるようになる。そして…


本当に「綺麗」なストーリです。10年そこらのリーグの私たちでは残念ながら憧れでしかないような。地域に繋がり、同じマンチェスターのクラブでも世界的な「ユナイテッド」に隠れた地味で地域的な「シティ」だからこそ、心に迫ってくる。そして一地方のサポとしてはなんとも羨ましい話です。

リメイク前の旧作のように、派手なプロの試合のシーンはありません。そこは残念!でも、爽やかな気持ちになる映画です。(旧作は確か子供がプロに混じって大活躍、という「リトル巨人君」的なおとぎ話だった記憶が。いや、ひょっとして幼い私がそれ以外の大事な部分を見落としていたのかもしれませんが。。少年が大人の股抜きをしたシーンばかり覚えています)

地域の人々から子供たちから愛されること。クラブユース、何より地域の中でその歴史を重ねること。そんな当たり前のことの重要性を今更ながら思う映画です。

ちなみに、敵側のマンUのクラブユースのスカウトマンさん。いつも被っている赤い帽子が、なんともお茶目です。(サンガのスカウトさんにも紫のニット帽を被って、あちこち回ってもらいたいです(笑))
【2006/06/02 00:39】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PROFILE













 alt=
  • miyako
  • 福井在住のサンガサポ。

    2000年よりポツポツと
    京都サンガの風景を、
    言葉で描くエッセイ風レポ
    SKETCHで記録しています。

    (HOME「SKETCH BOOK」)
  • RSS
CALENDAR
03 « 2017 / 04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。